キッカーの形状をあれこれ(ステップダウン・ステップアップ・テーブルトップ)
(2016/3/17 23:29)

土曜日に診断結果が出るのでワクワクしながら待っている僕です、こんばんは!

この憎たらしい痛みをどうやって消し去ってやるか考えただけでワクワクします。

でも痛すぎて肩とか腕の筋トレはもちろんランニングも出来ませんが、

犬のお散歩すら痛くて長時間歩けなかったことに我ながらショックを受けたのは内緒です。

wp-1458223197487.jpeg

wp-1458223202602.jpeg

愛犬たちは久しぶりの昼間ののんびりなお散歩でご機嫌です。

 

さてそんな僕ですが、

暇なので今日はキッカーの形状についてUPします。

 

まずはセイモアパークのビックキッカーの1発目を思い出してください。

wp-1458222546495.jpeg

そうステップダウンキッカーです。

たまに

「怖いからステップアップにしてよ!」

と言われます。

これをステップアップにすると、

wp-1458222511304.jpeg

単純に最低飛距離が大幅に縮みます。

(ランディング斜度が32度の場合仮にリップと同じ高さ2.5mまでランディングを盛ると4m縮みます。)

するとビックキッカーの1発目は7mになってしまいます。

 

たまによそのスキー場で大きさを聞くと、

「ちょうど良い所まで飛んで12m」

とかって答えが返ってくることがありますがこれは個人的に嫌いです。

キッカーの大きさ=ノール・テーブルの長さ!

だと思っています。

 

7mではビックキッカーとは言えないのではないしょうか・・・

 

じゃあステップアップで同じ飛距離で作れば良いじゃん!

とお思いでしょう!

では次の図をご覧ください。

wp-1458222531717.jpeg

ステップアップで元のステップダウンと同じノール長を作ろうとするとこうなります。

何よりも問題なのは着地地点が最初よりも2.5m高くなると言う事。

つまりアプローチと飛び出しのスピードが大幅にUPします。

あとは大量の雪が必要になりますね。

 

「じゃあテーブルはどうなんだテーブルは!?

ちゃぶ台ひっくり返してやろうかこの野郎!!」

分かりました続いてこちらをご覧ください。

wp-1458222503511.jpeg

安全なのは間違いないです!

が雪が大量に必要なのと、ステップアップと同じで距離が短くなってしまいます。

 

wp-1458222496662.jpeg

と言うことで大量の雪が有り作れるなら一番安全なのはテーブルトップと言う事になると思います。

 

しかし!

よーーーーく考えて見てください!

テーブルトップだとステップダウンと同じ高さで飛んでても低く見えますよ!!??

リフトのお客さんから、

「ビックって言っても小さいね?

あの人たちシャバ僧なの?

ぷっ」

と。

 

まぁそんなこんなで飛びやすく安全なキッカーを来期も作るために来週はあちこちのスキー場に遊び・・・、

いえ視察に行って再来週から北海道で遊んで来たいと思います。

 

では次回は、

なぜキッカーのリップってこんなに高くなるの?

です。